読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波乗り営業(なみえい)はてなブログ

~サーフィン好きの劣等大学生が、リクルートでMVPを獲るまでの全軌跡と失敗しない営業方法~ ビジネスマン・セールスウーマンに役立つ情報をお送りします♪

どう働く?「人生100年」時代~ニッポン転換のとき~

本日のビジネステレビ情報!

 


「日経スペシャル ガイアの夜明け

 


(タイトル)
どう働く?「人生100年」時代
~ニッポン転換のとき~

 


(放送概要)
ガイアの夜明け」が2002年にスタートして15年。
日本はその間、大きな変貌を遂げた。

 

たとえば、「長時間労働」が当たり前だった日本のサラリーマンだが、
いま、逆に残業を減らそうという動きが加速...。

 

これまで信じられてきた考え方が急速に価値を失い、
それらと正反対の価値観が見直されようとしている。

 

日本は何を求め、どこへ向かうべきなのか。

 

「ガイア」では15周年を迎えたこの1年間、
「ニッポン転換のとき」という通年企画を通して、
新たな時代の日本のあり方について考える。

 

1回目のキーワードは、「人生100年」と「働き方」。

 

日本の100歳以上の人口は、2050年までに100万人を突破するという。
2007年に生まれた子供の半数は、107歳以上まで生きるとされる。

 

超「長生き」が実現すると当然、食べていくための「お金」も必要に...。

 

これまで、サラリーマンは「60歳定年」「70歳まで働く時代」などと言われていたが、
さらに高齢まで働かないと、生きていけない時代になる。

 

そんな状況に対応しようと、
今、働く現場でも少しずつ変化が見え始めてきている。

 

これからの時代に合わせた新しい働き方とは、一体?

 

 

「働き方改革」が叫ばれるようになってからその対応策として
在宅での業務が認められたり、
今まで禁止されていた副業がOKになったりと、
各企業の間で様々な施策が行われています。

 

もしかするとその背景にあるのは、
超「少子高齢化」時代への対応なのかもしれません。

 

100歳まで働けるようにするための施策だとしたら、どうでしょうか?

 

100歳まで生きられるのはウレシイですが、
そもそもこの超「少子高齢化」時代を働きながら生きていく、
ということは可能なのでしょうか?

 

これからは「複業」の時代!?

柔軟に「働く」新手法とは??


面白そうです♪


テレビ東京系列 本日5/16(火)22:00~。


ぜひ、チェックしてみてください。